専門業者に依頼してダクトを綺麗にしてもらおう

快適な空間つくり日頃の掃除で叶える

アスベスト除去

アスベスト問題への取り組み

アスベストは健康被害の可能性があるとして、1975年に吹き付けアスベストの使用が禁止されました。 同年より、それ以前に使用されたアスベストの飛散防止や健康被害の予防を行ってきました。 2004年には1パーセント以上のアスベストを含む製品の出荷が禁止されました。 ですが、2005年には初めての健康被害として、アスベスト原料を扱う企業で製造に携わっていた人や関係者の死亡が確認されました。 当時、たくさんの報道などにより情報が広まりました。 これがアスベスト問題です。 その後の取り組みとして、2006年に健康被害からの救済と被害防止のための法律が成立されました。 その中には、アスベストの除去を進める内容も含まれ、使用されている建造物は将来的に解体されることになります。

高まる健康被害の不安

アスベストによる健康被害が懸念される中、もしかしたら使用されている建造物が近くにあるのではないかと心配になることがあると思います。 そんな方は、一度きちんと調べてみることをお勧めします。 信頼できる業者を選び、依頼してください。 業者は状況により、様々な方法の中から一番良い方法を選んで対応してくれます。 代表的なものに、除去、封じ込め。囲い込みという方法があります。 除去とは、全て取り除き他の建材に取り換える方法です。 飛散の可能性が高い場合に用いられる方法です。 封じ込めとは、表面に固化剤を吹き付けて処理する方法です。 囲い込みとは、天井にある場合に他の建材で覆い、室内への発散お防ぐ方法です。 このような方法でアスベストに対応することができます。 迅速な対応により健康被害を防ぐことができます。